2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たたき過ぎでは?

しかし、STAP(スタップ)細胞問題はどうしたものか…。
科学の世界ではこういう事も起こり得ると…。

実際にノーベル物理学賞をとっている「ミリカンの電気素量」は170個のデータの中から都合の悪い112個のデータは採用せず、都合の良い58個のデータを論文に載せてノーベル賞を取ってるし、映画にもなった「カッコーの巣の上で」現在では悪名高き「ロボトミー手術」だって当時はノーベル賞をもらっている。

ニュートン力学だってアインシュタインの登場により理論の限界が指摘されてるし、そのアインシュタインだって「生涯で最大の過ちだった。」といって取り下げた「宇宙定数」という仮説は死後にやっぱり正しい仮説だと返り咲いています。

現代のガリレオにならないように。

竹内薫著「99、9%は仮説」の読書結果より。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

里坊主

Author:里坊主
カイロプラクティックを学び、その後に施術の現場で体験し感じた色々なことを形にすべく新しいスタイルのサロン・治療院の構築を目指し京都に開院中です!

様々な個性を持った人達との出会いを通して、考え方や視野を広げさせていただく毎日を送っています。

元学祭委員長なのでイベントは大好きです♪コメントもお待ちしております。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。